松山市政だより としかず通信



「一人の人を大切に」「市民サイドに立った温かい行政」が私の原点です。

にゅうのやとしかず

HOME > としかず通信 > 通信16

としかず通信

第16号 2006年7月発行

 選挙終え2ヶ月余、ご支援に感謝、初心忘れず、市民のためのサーバントに徹するのみ。

松山ロープウエー駅舎及び周辺整備が完了

  先日、同僚議員と視察。駅舎のバリアフリー化や周辺整備について、予算要望や本会議を通じて推進してきた。エスカレーターの設置、電柱の地中化やレンガ敷きの歩道など個性的で魅力ある街並みに生まれ変っている。

火災報知機の設置義務化

 消防法の改正により住宅用の火災報知機の設置が義務付けられた。新築の住宅は平成18年6月1日から、既存住宅は5年間の猶予が設けられている。

耐震診断補助制度を実施中

耐震 去る6月、公明党城西支部では市の防災対策課を招いて地震学習。地震発生のメカニズムや家庭で取組む地震対策など、参加者84名。

さて、お宅の家具の転倒防止対策など地震への備えはお済だろうか?・・・

映画「バルトの楽園」を鑑賞。

 人種・国境を越えた人間ドラマ。「第九」の日本初演奏。今から約90年前、徳島県の板東俘虜収容所。捕虜のドイツ人たちと日本人との真実の友情。