松山市政だより としかず通信



「一人の人を大切に」「市民サイドに立った温かい行政」が私の原点です。

にゅうのやとしかず

HOME > としかず通信 > 通信18

としかず通信

第18号 2007年10月発行

~私の9月度本会議質問~

■問 本市の委託契約について、落札価格が入札業者任せになっている、本市独自の委託料算定基準が必要と考えるが。又、子規記念博物館、青少年センター、本庁舎の清掃業務は、一者特命随意契約でなく一般競争入札にすべきと思うが。

■答 情報収集に努め、可能なものから独自の基準づくりを進める。また、子規記念博物館、青少年センターについては、明年から一般競争入札に移行する。

その他、市営住宅申し込みの簡素化と子育て枠の設定、城山公園オータムフェスティバル、観光交流、温泉施設の安全対策など質問した。

 世界74カ国による世界価値観調査。その中で「現在、幸せか」との質問、日本は、ベトナムなど、他のアジア諸国よりも下位で全体で29位。衆参ねじれの中、どの党が庶民寄りの行動を起こすか見極めたい。

 行財政改革は、事務事業の見直し、人件費の削減、契約制度の改革にあると思われる。職員の時間外勤務手当については一昨年の私の提案で現在2割(約3億円)削減されている。

先日、国立ロシア美術館展を鑑賞。作品の前で一瞬釘付けになるものも。ロシアが身近にも感じられた。芸術の秋、心洗われるひとときとなった。(県立美術館11月11日まで)

00633.gif