公明党 松山市議会の実績紹介2



「一人の人を大切に」「市民サイドに立った温かい行政」が私の原点です。

にゅうのやとしかず

HOME > 実績紹介 > 松山市議会の実績紹介2

松山市公明党の主な実績

市民サイドに立った、便利な行政窓口ワンストップサービスの推進

行政窓口松山市では今年11月より、「窓口ワンストップサービス」を開始しました。中核市指定に伴って、県から市に移された千項目の権限を有効に活用し、住民異動に関する役所手続きのサービスを大幅に改善しようとするものす。
ともすれば役所で住民異動の手続きを行う場合、職員は一ヶ所に座り、お客様である市民があちらこちらに移動するという光景が当たり前の様に思われてきました。世にいう「役所のたらい回し」現象です、これを民間の発想で立場を逆転させ、手続きの簡素化とスピードアップを実現すべく、ハード面の整備と担当職員の研修に半年を費やして準備を進めてきました。もちろん初めのうちから全てがスムーズにいくとは思っていませんが、市民の皆さんより頂くご意見をエネルギーにしながら、足らざるところは常に改善しつつ、職員一丸で「日本一の窓口づくり」を目指していきます。

<br class="clear"/><div class="hr"></div>

男女共同参画推進センター(コムズ)

男女共同参画推進センター男女がともに多様な生き方を認めあう「男女共同参画社会づくり」を推進する拠点施設として平成12年2月に開館し多くの方たちに利用されています。


太陽光発電施設の設置事業

太陽光発電
 クリーンなエネルギーとして太陽光発電が見直されています。平成12年度から一般住宅への補助事業がスタート。平成13年度からは、野外活動センターなど5ヶ所の公共施設に設置されています。


入札・契約の予定価格の事前公表の推進

公開
 入札・契約に関する情報を広く市民に公開し、開かれた行政運営を通じ公共工事に対する市民の理解と入札・契約手続きの公平性・透明性を高めることを目的とする。平成13年度から実施される『公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律』を踏まえ、更なる入札・契約手続きの透明性・公平性・客観性を高めるため平成13年4月より入札・契約制度の改善を行うものです。


市営住宅へのエレベーター設置事業の推進

市営住宅
 市営住宅エレベーター設置事業  6900万円
中層耐火横造住宅に計画的にエレベーターを設置することにより、高齢者等にやさしい住宅を供給する。13年度設置住宅:生石団地(2基)、市坪団地(2基)


四国がんセンターの移転を推進

四国がんセンター
 がん治療の最新の技術を誇ることで知られる 四国がんセンターの南梅本町への移転が決定。 平成17年度には完成します。


全小学校へ雨水貯水タンクの設置

雨水貯水タンク
 松山市の小学校46校に雨ボトルが採用! 雨ボトルAB500(容量500リットル)が松山市の小学校46校に採用になりました。水不足が深刻な四国で『雨水を利用し、資源を有効に利用しよう!』という教育に役立てられています。


坊ちゃん列車の運行を支援

坊ちゃん列車松山の新しい観光資源として「坊ちゃん列車」が、平成13年10月から待望の運行を開始しました。市では、約7千5百万円の補助金を交付して支援しています。



障害者、高齢者にやさしいまちづくり

バリアフリー化
障害者、高齢者が安心して利用できるように中央、新玉公民館にエレベーターを設置しました。また、他の公共施設ではバリアフリー化を進めています。 


行小中学でのIT教室の推進

小学校のパソコン授業を視察
小中学でのIT教室の推進
学習意欲を引き出す
小学校のパソコン授業を視察
公明党松山市議団