公明党 松山市議会の実績紹介1



「一人の人を大切に」「市民サイドに立った温かい行政」が私の原点です。

にゅうのやとしかず

HOME > 実績紹介 > 松山市議会の実績紹介1

松山市公明党の主な実績

道後温泉本館周辺の景観設備が進む

道後温泉松山市のシンボルである道後温泉本館東側に広場を設置(H18年3月完成予定)。その後、本館隣接市道の道路拡幅、歩道整備、電線地中化などを行います。そのような整備の後、本館前を歩行者天国のような空間に整備します。

<br class="clear"/><div class="hr"></div>

家庭ごみの回収回数の見直しを実施

家庭ごみの収集家庭ごみの収集回数が実情にあわせて平成18年4月から見直しされます。内容は、プラスチック類の収集回数を現在の月2-3回から週1回に増やします。埋め立てゴミは月2-3回から月1回に。また、資源ごみについては、これまでの奇数・偶数日指定を廃止し偏週での収集になります。


乳幼児医療費の無料化で入院診療が就学前まで拡大

赤ちゃん検診
 子育て支援策の重要な柱として推進している乳幼児医療費の無料化で平成14年4月,から入院の場合、就学前まで無料化になりました。平成14年度から3年間の実績では、約2,700件の申請があり、補助額は、約1億1干4百万円です。


バリアフリーの街づくりを推進

バリアフリーの街
 障害者や高齢者が安心して暮らせる街づくりとしてバリアフリー化を進めています。主なものでは、平成17年3月から運行が始まった市駅前地下街へのエスカレーターの設置、さらには、平成18年3月に供用開始予定の松山城のロープウェイ駅舎のエレベーター設置があります。


子どもの健全育成のために読書活動を拡充

図書館
 中央図書館内に読み聞かせ絵本箱の設置や同館のHP内に平成17年3月「こどもとお母(父)さんのページ」を開設させました。また、市内すべての小学校では、「読み聞かせ」が活発に行われており、また、学校への図書の貸し出し体制の充実も図っています。


中央公園の整備が完了・松山市の新しいスホーツの拠点に

中央公園
 平成17年7月のアクアパレット(プール)の完成によって、すべての事業が完了。これまでに坊っちゃんスタジアム(平成12年完成)、テニスコート(平成13年完成)、運動広場(平成13年完成)、マドンナスタジアム(平成15年完成)、多目的競技場(平成17年完成)などが供用開始されています。


小児救急医療の拠点・市急患医療センターが移転新築に

小児救急医療
 平成15年6月、新急患医療センターが保健所そばに移転開設されました。同時に、これまで空白だった日曜の深夜帯の診療も開始されました。同センターでは1階部分で救急医療(内科と小児科)を行い、2階では子育て支援相談室として活動しています。


光通信網の市内全域への整備進む

IT
全国に先駆けて市内の超高速大容量通信網整備が図られ、平成14年度から三カ年で市内に約3干kmを超える光ファイバー網が整備されました。これにより民間には約69億円の経済効果が見込まれます。このインフラ整備をうけて、市では、ITビジネスモデル地区構想を推進しています。


安全・安心な街づくりを推進

笑顔の人々
地震や災害、不慮の事故などに備えた体制作りを進めています。主なものは、突然の心臓疾患に対応するため、全救急車へのAED(自動体外式除細動器)の設置、さらに、災害の際には、被災者の避難場所として、また救援活動の拠点となる公共施設への耐震化の推進にも取り組んでいます。  


行政改革の一環として市職員の手当の見直しを実施

IT
平成16年4月から通勤定期を6ヶ月にして、約3百万円(H16年度実績)の経費削減を行いました。また、特殊勤務手当も、統合、見直しを行い、約2干万円の経費削減になっています。今後も社会通念に照らして疑問をもたれないように手当の見直しを行っていきます。