動物愛護 of 松山市議会議員 丹生谷利和




「一人の人を大切に」「市民サイドに立った温かい行政」が私の原点です。

にゅうのやとしかず

丹生谷利和の動物愛護への取り組み

これまでの実績ををご報告します。

ペットの命を大切に

中村時広松山市長に提言を手渡すメンバー中村時広松山市長に提言を手渡すメンバー人と動物が共存できる優しい街づくりを目指す「えひめイヌ・ネコの会」(高岸ちはり代表)らと共に、中村時広松山市長に対し、動物愛護に対する提言書を提出しました。
 提言書では、犬・猫の不妊・去勢手術に対する補助金制度の設置・平成14年12月オープン予定の動物愛護センターへの参画希望―の二点を求めました。
この提言が実り今、松山市では犬・猫の不妊・去勢手術に対する補助金制度が実施されるようになりました。

2001年6月 坂口厚生労働大臣、風間環境副大臣と会見しました。

pet_1.jpg写真のキャプションを入力します。2001年6月、坂口厚生労働大臣、風間環境副大臣と会見しました。犬及び猫の不妊・去勢手術に対する補助金制度の全国レベルでの創設を求める陳情を署名総数53,554名分と共に行いました。


松山市 生活衛生課(動物愛護担当)の主要業務
. 動物に関する様々な手続きや、犬・猫の不妊・去勢手術の補助の詳細はこちらでご確認ください。また、ページトップから申請書のダウンロードもできます。生活衛生課(動物愛護担当)のページへ

平成15年度事務事業検証シートの公開:不妊・去勢手術の一部補助をすることにより飼養の限度を超えた繁殖を防止し、不必要な生命並びに犬・猫の起因する苦情や被害を減少させることが出来ました。年々その実績が成果をあげていることがわかります。

NPO法人えひめイヌ・ネコの会えひめイヌ・ネコの会は、平成6年(1994年)4月より任意団体として活動。平成14年(2002年)5月よりNPO法人(特定非営利活動法人)となり、松山市を中心に活動しています。