丹生谷利和の一般質問(通告書)



「一人の人を大切に」「市民サイドに立った温かい行政」が私の原点です。

にゅうのやとしかず新しいホームページができました。

HOME > 一般質問 > 一般質問(平成22年度)

にゅうのやとしかずの議会報告

丹生谷利和の一般質問(通告書)

平成22年3月8日 


■1. 松山市の監査制度改革について


(1)監査委員の選任は行政の監視役である議会の長に付与してはどうか。

(2)監査委員事務局員の独立性について

(3)包括外部監査と監査委員の連携の必要性について

(4)包括外部監査と担当課との開のルールづくりについて

(5)改善を求められている指摘事項の状況について

(6)監査委員の増員について


■2. ひとり親家庭の支援について


(1)母子家庭の方の住まい問題について

(2)ファミリーサポート事業の利用への援助について

(3)放課後児童クラブにおける利用料負担の軽減と学習の提供について

(4)母子家庭の就業支援の利用実績について

 ①母子自立支援員を増員し、訪問しての母子相談事業の展開について
 ②利用の拡大について

(5)「松山市ひとり親家庭等の在宅就一業支援事業」について

 ①委託先は、どのような事業所を想定しているのか。
  また、地元企業の暖かい応援や協力体制について
 ②ひとり親家庭等の人材育成について
 ③雇用目標及び継続の見通しについて

(6)母子寡婦福祉資金における就学支度金の支払い時期について

(7)父子家庭の支援について
 ①父子家庭への行政支援について
 ②父子手当ての支給に向けた現在の本市の取り組みについて


■3. 女性の健康を守るためのがん対策について


(1)検診率について

 ①受診率向上への取り組みについて
 ②「検診先進都市宣言jをするなど、市民意識の改革について

(2)子宮頚がんワクチンに公費助成をする考えはないか。


■4. マイクロ水力発電について


(1)今回、中央浄化センターでの導入に至った経緯について

(2)設置方法や規模など、施設の概要について

(3)投資効果について

(4)環境教育活動や広報活動について

(5)公営企業局でのマイクロ水力発電システム設置の適地調査ついて


平成22年9月8日


■1. 民主党政権について


市長の民主党政権への評価について


■2. 財政問題について


(1)平成21年度の決算状況と健全な財政運営へのガイドラインの数値に関する分析について

(2)今年度の財政見通しについて

 ①市税及び地方交付税の見込みについて
 ②地方交付税の振替とされる臨時財政対策債の見込みについて

(3)隠れ負債とも言われる、社会基盤の老朽化の問題について

 ①本市の実態の把握、更新計画、耐用年数を過ぎた施設数
  及び維持・更新などにかかる費用の試算と確保などについて
 ②本市でのアセット・マネジメントの考え方について



■3. 雇用対策について


(1)テレワーク業務創出・育成事業について

 ①この事業の目的や具体的な内容とこれまでの成果及び今後の見通しについて
 ②事業展開が継続的に図られるよう、在宅就業を取り入れた事業所への支援について

(2)ひとり親家庭等の在宅就業支援事業について

 ①本事業の委託先や具体的な業務内容及び実施スケジュール等について
 ②平成24年度以降、在宅就業をいかに継続させるか、今後の展望について

(3)企業誘致等の実績について

 ①指定企業数と新たに生み出される雇用見込み数について



■4. 環境配慮契約法について


(1)環境配慮契約法の考え方に則った本市独自の契約方針など基本方針の策定について

(2)グリーン購入法に基づく物品等購入の実情及びグリーン購入法と
   環境配慮契約法との連携によるさらなる環境配慮について


■5. 医療観光について


観光誘客策としての医療観光について


■6. 学校施設について


(1)学校施設の耐震化について

 ①本市の耐震化の現状と震度6強以上の大規模地震で倒壊する恐れのあるものについて
 ②本市の耐震化率100% に向けた取り組みや、その見通しについて
 ③構造技術者の不足について


(2)太陽光発電の設置について

 ①教育の場でどのように活用しているのか。また、教育効果について
 ②エネルギー削減効果はどのように現れているか。
 ③電気代の節約金額や売電収入予測などについて
 ④今後の太陽光発電設置計画について


(3)畳の普及について

 ①本市の学校施設での「和室」の現状について
 ②豊かな教育環境形成のため和室又は畳の空間の整備について


■7. 気候変動による大雨災害について


(1)本市の近年の気候変動の実態とそれに伴う降雨の変化について
   また、浸水の危険箇所の変化について

(2)避難勧告などの対応マニュアルやハザードマップは
   集中豪雨やゲリラ豪雨などを想定したものになっているのか。

(3)1時間当たり40.5ミリの降雨量があった場合に浸水の恐れのあるところについて

(4 )本市が、40.5ミリの降雨量を基準として治水整備を進めていることについて

(5)地域の実情にあった規模の排水ポンプを常備するなど、
   地域力による浸水地区被害の軽減について




ページの先頭へ

松山市議会

ようこそ松山市議会へ

市議会の仕組みや様々な取り組みについて紹介されています。
最新情報も随時、掲載されています。
松山市議会インターネットライブ中継も視聴できます。
松山市議会へ

松山市議会 会議録

平成3年以降の松山市議会会議録及び平成15年3月定例会以降の委員会記録が検索できます。
もちろん私、丹生谷利和の議会での質問や答えを詳しく知ることができます。
松山市議会 会議録