としかず通信のページ



「一人の人を大切に」「市民サイドに立った温かい行政」が私の原点です。

にゅうのやとしかず

女性の健康
女性のための検診事業を拡充

子宮頸がん検診・乳がん検診

女性特有のがん検診の受診率の向上とがんの早期発見を目的として、特定の年齢の方々に子宮頸がん検診、乳がん検診の無料クーポン券を配布しました。

子宮頸がん検診…20歳・25歳・30歳・35歳・40歳の方。
乳がん検診………40歳・45歳・50歳・55歳・60歳の方。

詳しくはこちらまで.

子宮頸がん検診・乳がん検診

◆乳幼児の医療費助成を大幅に拡大

保険診療による医療費の自己負担分を助成します。平成21年4月1日から制度が改正されました。対象となる児童は、ゼロ歳から6歳の小学校就学前(3月31日)まで、入院及び通院医療費が無料になります。

詳しくはこちらまで

乳幼児の医療費助成を大幅に拡大

◆保育園の待機児童対策など子育てを支援

保育園の定員を平成18年度に210人増加したのを皮切りに、平成20年度には90人増加するなど、待機児童の解消に取り組んできました。さらに、平成22年度には、新たに1園(定員60人)新設するとともに、認定こども園として新た2園(定員120人)開設させることにしています。また、第三子以降の保育料については、18歳未満の子供が3人以上いる家庭で、第三子以降の子供が保育園に入園した場合、保育料を所得税非課税世帯が全額無料、課税世帯は半額免除になります。

子育て支援

◆放課後児童クラブの拡充を推進

児童クラブは、昼間、就労等により保護者のいない家庭の小学校1年生から3年生までの児童が、遊びを主として放課後を仲良く元気に過ごすところです。その拡充に取り組み、年々、整備が進んでいます。平成21年度は、18の児童クラブで余裕教室の活用などの整備が進められました。児童クラブへの入会児童数は平成18年度の2,434人から平成21年度は、2,840人に増加。現在市内には、各小学校ごとに44の児童クラブが設置されています。